目の美容整形での注意点と気を付けるべきこと

人は目から印象を受ける

注射器 二重は、温かい地域の人に割と多く、二重からは、人の心の温かさを潜在的に与える力があります。人の温かさを求める人にとっては、二重の力が効果を発揮してくれるでしょう。未成年の手術は、親権者の同伴が必要です。

詳しく見る

目の整形で与える影響

注射 目の二重には、いくつかのデザインによる二重が存在します。それぞれの種類には、多少なりとも、人に与える影響に違いがあるのです。埋没法による二重は、イメージ通りにならないリスクがあります。切開法は、やり直しが利かないリスクが存在します。

詳しく見る

一重が気になるならば

エステシャン 目が二重でない場合には、美容整形外科に行くことで施術が可能です。切開法と埋没法の2種類があることをしておきましょう。これらの手術をしたからといって、基本的に障害年金などを受給することはできませんが、ごく例外的に認められる可能性はあります。

詳しく見る

印鑑や身分証明書が必要

女性 二重整形の施術を受けたい人は、事前に電話やメールなどで予約を入れておく必要があります。カウンセリングを受けた当日は、二重整形の施術は行わないことが多いです。申請書や同意書の提出が必要なので、身分証明書や印鑑を準備しておきましょう。

詳しく見る

お金を請求する場合

エステティシャン 何らかの理由で二重にした場合でも、病気が原因で二重にしなければならない場合は障害年金を遡及請求することが可能になります。これは、社労士にお願いをすることにより可能になるでしょう。書類の準備もしっかりしておく必要があります。

詳しく見る

生活保護で整形は可能か

医者と看護師

生活保護中は美容整形は受けては原則NG

生活保護を受けて生活をされている方の中には、二重整形を受けようと考えている方もいます。ですが、実際、生活保護中で整形ができるのか不安になりますよね。注意点と気を付けるべき点について解説していきます。まず、生活保護とは、何らかの事情で金銭を稼ぐことが難しい方のための国が定めた援助のことを言います。憲法で定められた、最低限の生活を送るため、毎月お金が受給者に支給されます。大体月10万円前後になります。二重整形は、片目一回の整形金額が、一ヶ月の受給額と同じくらいになります。ですので、生活困窮者が、生活保護費だけで美容整形をすることは、実際にはとても難しいのです。生活保護を受けながら、昼間のアルバイトではなく、夜の仕事をしたりする方がいます。夜の仕事は、ほとんど源泉徴収が行われず、そのまま直接お金をもらうことができるので、隠れて働いているというケースも非常に多いのです。源泉徴収が発行されないと、役所などにもバレにくいといったことが大きな理由です。ですが、生活保護費とは別に収入を得ているのに、申告しないのは不正受給となります。

生活保護費は、元々働けない方の為に、国民が払った税金から工面されています。仮に、バレないと考えて内緒で働いていても、何らかの形で、第三者を通じて通報をされたりすることもあり得ます。働いていたことが発覚した時点で、受給は終了してしまいます。二重整形をしたい気持ちはわかりますが、生活保護とは何なのか、きちんとその意味を考えなくてはいけません。働けない方でも、不正受給をせずに二重整形をする分には、お咎めはありません。確かに美容整形は自由診療になるので、金額は高いです。けれど、コツコツと生活費から貯めて整形をする分には、何の問題もありません。医療費を別の収入源から工面するのが問題であって、自分で生活費から捻出するには大丈夫です。また、家族に援助してもらう際も、状況によっては生活保護の対象から外れる可能性があります。何故なら、家族がサポートできるだけの金銭を持っているということになるので、生活保護の必要性の有無が問われるからです。なので、援助を受けられるといって、安易に整形をするのはよくありません。少しずつ生活保護費内から工面していくのをおすすめします。

Copyright© 2019 目の美容整形での注意点と気を付けるべきこと All Rights Reserved.